モンスターカレンダー

 2012年11月 »
123456789101112131415161718192021222324252627282930

エステのクーリングオフ制度と中途解約

エステティックサロンが林立しています。老舗から新興サロンまで様々ですし、得意な施術の種類もいろいろとあります。そのため、顧客の獲得競争も熾烈になっていることは否定できません。クーポンやお試しなどあらゆる宣伝方法で顧客の呼び込みをしています。
女性ならエステに対して少なからず興味はあるでしょう。しかし、一歩を踏み出すには勇気が必要です。しつこい勧誘や強制的な契約をさせられたらどうしようと考えてしまう人もいます。
お試しのコースは施術の方法やテクニック、サロンの雰囲気、接客態度などを試すためのものです。体験してみて納得できなければ、はっきりと意思表示をして断っても問題はありません。
クーリングオフは契約書を受け取ってから8日以内であれば契約の解除をすることができる制度です。その場の雰囲気で契約をしてしまっても、後で解約をすることは可能です。契約する場合には、きちんと契約書を受け取って、熟読することが大切なことは覚えておきましょう。
ただし、エステの場合には、少し条件があります。契約期間が1カ月以上で5万円以上の金額であること、契約書にクーリングオフについての適用が記載されていることが必要なのです。さらに、勧誘が強引であった場合にも適用されます。
クーリングオフの期間が過ぎてしまった場合には中途解約制度があります。この場合には、費用の負担が生じますが、残りの費用の返却はされますので、手続きをするとよいでしょう。

カテゴリ