モンスターカレンダー

« 2013年1月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ムダ毛の自己処理

ムダ毛の処理には脱毛サロンで施術してもらうのが一番楽できれいに仕上がりますが、お金や時間もかかります。
一方、自宅でできる自己処理には、カミソリや毛抜き・電気シェーバー・脱毛テープ・ワックス・除毛クリームなど様々な方法があります。
いつでも気楽にできる自己処理ですが、実は肌に負担の多い脱毛方法なのです。
カミソリや電気シェーバーなどの刃物で毛を剃る場合、毛と一緒に角質までも奪ってしまいます。
肌上を何度も滑らせることから、肌を傷つけることにもなります。
こうしたことを繰り返すと、肌の乾燥を招いたり、色素沈着や炎症を引き起こす可能性があります。
傷つけてしまった皮膚から、細菌が入り込んで更なる炎症を起こしてしまうこともあります。

毛抜きで1本1本抜く方法は、手間がかかるとはいえ、一見きれいに仕上がるように感じられます。
しかし、毛根から毛を抜くため、毛が太く濃いほど痛みを伴います。
また、埋まっている毛を強引に引き抜いてしまうため、内の皮膚組織が痛んで毛穴に傷がつきます。
1本1本毛を抜く作業も、大変骨が折れます。
広範囲な腕や脚などに割く時間と手間を考えると、他の方法を考えたほうがいいような気がしてきます。
毛の生えている方向と逆方向に抜いてしまうのも、毛穴が痛んで雑菌などが入ってしまう原因となります。
炎症を引き起こしてしまうような肌トラブルになりかねませんので、気をつけましょう。

毛抜きと同じ原理の脱毛テープは、毛根から一気に引き抜く脱毛法です。
毛抜きと違う点は、テープを勢いよく剥がすことで広範囲の毛を一気に抜ける点です。
しかし、痛みはとても強く、肌への負担も非常に大きくなります。
脱毛クリームや除毛クリームは、薬剤を使った化学作用を利用して行う脱毛方法です。
毛抜きや脱毛テープのような痛みは全くなく、肌への負担もある意味ありません。
しかし、肌表面上の毛を処理しているだけなので、毛根は残ったままです。
数日するとまた毛が目立ってくるため、すぐに再除毛を行う必要が出てきます。
また、肌が弱い方や敏感肌の方は、薬剤が肌に合わないとかぶれてしまったり炎症を引き起こしたりします。
いずれの脱毛方法も、繰り返していると肌を傷めてしまいます。
あまり肌を傷めずに脱毛をしたい場合は、エステサロンやクリニックで脱毛サロンの口コミ情報を参考にして脱毛と自己処理を併用するのもよいでしょう。