モンスターカレンダー

« 2014年12月 
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

コレステロールと肝臓の役目


コレステロールは脂質のひとつで、他には、中性脂肪、遊離脂肪酸、リン脂質があります。それぞれには決まった役割がありそれぞれバランスよく体内に含まれていることが必要です。そのため、コレステロール値は低ければ良いというのは勘違いで、必ずしも少なければ良いということではないのです。
コレステロールは食事から取り入れることもできますが、体内でも合成されています。肝臓がその役目を担っているのですが、体外からの摂取が過重になってしまうと肝臓のコントロール機能が上手く働かなくなってしまいます。そのため、コレステロール値が異常に高い状態が続くと動脈硬化などの、いわゆる生活習慣病のリスクが高くなるのです。
また、コレステロールは細胞膜の生成には欠かせない成分でもあります。身体を維持するために必要なホルモンの生成にも不可欠です。例えば女性ホルモンの主な構成成分でもありますので、極端に不足してしまうと、免疫力の低下等にもつながります。
コレステロール値は食事の内容などによっても変化しやすい成分です。バランスの良い食事、規則正しい生活、適度な運動などでコントロールがしやすいので、血液検査で高いと判定されても、改善方法をきちんと守ることで適正値を維持することができます。
参考サイト:肝臓-サプリメント.net